北海道の鉄筋施工職種の会社様のミャンマー人技能実習生が配属されました

ミャンマー人技能実習生が配属されました。

新型コロナウイルス感染症拡大の中、ようやく日本に来ることができたミャンマー技能実習生が技能実習実施企業様に配属されました。

日本入国後講習期間中の1か月の半分は、待期期間中でありましたが、少しずつではありますが日本での生活にも慣れてきたようでした。

本格的な冬が到来している寒さや、これから企業に向かうということで緊張していましたが、こちらから話しかけると待期期間中にも日本語のレベルアップを目指して勉強をしていた様子で、待期期間中の生活などを日本語で話をすることができました。

配属後はいよいよ翌日から技能実習実施企業での技能実習が始まります。すでに技能実習実施企業には、ミャンマー技能実習生が活躍していますので、先輩のミャンマー技能実習生に会えるのも待ち遠しい様子でした。

今後3年間ミャンマー技能実習生の技能実習、日本での生活を日本語のフォローを継続してまいりたいと考えています。

お問い合わせ

弊組合ではミャンマー人、ベトナム人技能実習生を受入れておりますが、新型コロナウイルス感染症拡大等の影響により、海外から技能実習生が入国できない状態が続いております。

そのような中で、ミャンマー、ベトナムから技能実習生の受入れを検討している会社様から技能実習生の受入れに関してお問い合わせをいただいておりますが、テレワーク、分散出社等の影響により、ご回答が遅くなってしまう場合がございます。

もし能実習生受入れをご検討の場合には、下記お問い合わせフォームからご連絡をいただければと思います。